映画関連のすべてがここに!

私の仕事がここに

Home

映画の専門学校からコンクールに応募する学生も多くいます。

Posted on | 2月 13, 2013 |

映画の専門学校在学中に、コンクールに応募をする学生も多くいます。このような専門学校の中では、部活やサークルという形で仲間内で映画制作をしているひと達もいます。そして授業で学んだことだけでなく自分の感性を取り入れながら、オリジナリティ溢れる作品を作っているようです。
専門学校の課題としても、グループ学習という形で映画制作を行うことも多いです。そしてその後校内コンクールを開催し、競い合う気持ちを養う意味合いもあるようです。学校内でのコンクールに向かって制作をすることも大事なことですが、何本もの映画を作って校外のイベントで多くの方々に観てもらうということもメリットが大きいようです。a0960_003958
映画を学んでいる学生の多くは、将来的に多くの方々に作品を観てもらうことを目標としています。その前段階として、コンクールという場所を活用することも理想的です。校内にもコンクールの案内が掲示されている場合もありますので、チェックしてみることも良いのではないでしょうか。

映画関係の専門学校にある部

Posted on | 2月 13, 2013 |

映画関係の専門学校にはたくさんの部があるというのが一般的です。映画と言っても専門学校で学ぶ内容は非常に広範囲にわたり、映画プロデューサー、映像編集、特殊効果、コンピューターグラフィック、音声、監督業などのいくつもの部に別れています。
1つの専門学校に入れば、こうした複数の部を自由に選択して授業を受けることができる場合もありますし、あらかじめ決められた部にのみ所属して授業を受けるような形式をとっている学校もあります。また学校に通っている期間の途中であっても、追加の費用を払うことなく自分にあった分野に移動することができるような制度を導入している学校もあります。
また最近では、映画関係の専門学校といっても学ぶ内容はマルチメディア技術が中心になっているような学校もありますので、カリキュラムや授業内容に関しては事前にインターネットのホームページから詳しい情報を得ておくのが賢明であるようです。さらに自分の選択した分野と進路が適合するものであるかどうかもよく調べておくことは大切です。

映画の専門学校で参加できる大会

Posted on | 2月 13, 2013 |

学生が参加する映画の大会があるそうです。その参加条件として、学生であることが必要になるそうです。そのため、映画の専門学校で学んでいる人も参加することができます。

その一つである京都国際学生映画祭は、世界の学生からエントリーがあるそうです。大会で賞を獲ったことで、プロへの道が開けたという人もいるそうです。

映画祭だけに留まらず、他の大会との連携もとられていますので、参加することで学ぶことも多くあることでしょう。また、条件がありますが、実行委員になるというのもオススメです。実際に自分たちの目で見たものを評価していく立場になります。

また。他の学校の学生さんたちとの交流も可能になります。チラシやホームページの作成、広報、運営などもなかなかできない経験になることでしょう。映画に関わる大会の仲間ですので、勉強していることに良い刺激をもらうことができそうです。専門学校では学べないものも多くあるのではないでしょうか。
a0960_003705

検索すると数が少ない映画の専門学校

Posted on | 2月 13, 2013 |

映画の専門学校を検索して調べてみると、他の専門学校に比べると多くの数はありません。そのため自分自身の希望している地域に希望する学校があるとは限りません。
どちらかと言えば、自分の希望している地域には存在しないと考えている方が、良いかもしれません。そのため映画に関わる勉強を本気でしたい場合には、まずは専門学校の存在している地域を調べる必要があります。そして、進学することで引っ越しを伴う可能性がある人は、自宅になる物件の検索もする必要があります。早めにどの地域に行けば専門学校があるのかを知っておけば、物件を探すときにも早めに取りかかることが出来ます。専門学校数が少ないということは、入学を希望する人が集中する可能性もあるので、前年度の募集人数なども調べておくのも良いかもしれません。
また学校数が少ないので、自分自身は映画のどの部分で関わる仕事をしたいのかを、はっきり目標を持っておかなければ学校を決める時も悩んでしまうことになるかもしれません。

映画の専門学校に在籍する講師陣の特徴

Posted on | 2月 13, 2013 |

一口に映画の専門学校といっても、設けられている学科は多種多様であることが一般的です。例えば、監督やカメラマン、シナリオライターを養成する映画制作科をはじめ、美術・メイク科や映像ビジネス科、映像クリエイター科、舞台制作科、俳優・女優科などがあります。
a0960_004032

映画や映像の業界では、時代の流れに乗ることが成功に近づく第一歩であり、そのため、映画の専門学校に在籍する講師陣は、まさに各業界の最先端で活躍する現役の方々(監督や演出家、作家、脚本家、美術監督、宣伝プロデューサー、俳優、女優など)であることがほとんどです。
時には、大御所と言われるような国内外のエクゼクティブを講師として招いて、直接指導を受けることのできる講義や特別ゼミを設けている専門学校もあります。このように映画の専門学校は個々に独自性をもって運営されていますので、学校選びの際には、カリキュラムや卒業生の活躍のみならず、講師陣のラインナップを参考にするのも重要です。

映画の専門学校の偏差値について

Posted on | 2月 13, 2013 |

受験の際に偏差値が入学試験に合格できるか検討する基準になることがあります。しかし、映画の専門学校に関しては、偏差値にこだわる必要がないというところも多いようです。
やはり、偏差値よりも情熱や学びたい意欲を必要としているということの表れでしょう。もちろん、映画に関する学科がある大学に関しては、やはり専門学校を基準にして検討する必要もでてくるかもしれません。大学か専門学校か、どちらがより就職に繋がるかということも、一概には言えないことです。
やはりオープンキャンパスや体験入学など、実際に足を運んでみて、どのような勉強を行っているのか、どのような就職先があるのかなど、聞いてみることが必要なのではないでしょうか。映画に関しての専門学校は、より専門的に学ぶことができるところが多いです。そのため、入学の段階で進路に迷っていては、勉強していても面白くないことになりかねませんし、希望通りの就職に繋がらない可能性があるのです。

本人も保護者も納得のいく就職率の映画の専門学校を探す

Posted on | 2月 13, 2013 |

親ならば子供が夢を持って進路を決めることは、応援をしたくなるのは当たり前のことです。しかし映画の専門学校など子供の希望する進路に進んだ場合、その専門学校の就職率が気になってしまいます。

せっかく、規定年数勉強をしても就職できないという結果になってしまった場合には、本人も不安になってしまいますが保護者の方も不安になってしまいがちです。そのため、保護者の方も、本人が進むことを検討している専門学校がどのくらいの就職率なのかを知っておくことが必要です。

進学を希望している本人ならば、映画の専門学校を卒業することによって、どのような就職先があるのかを保護者に説明できるくらい把握しておくと、保護者も安心して応援をしてくれることになります。勉強をした先には、社会でその勉強した結果を役に立てる必要があるのです。ただ単に就職率にこだわるのではなく、たとえ100%や80%の就職率だとしても、その内容が重要になってくるのは言うまでもありません。a0002_010516

卒業後も求人が見られる映画の専門学校もある

Posted on | 2月 13, 2013 |

映画の専門学校に行ってみて、不安になるのは将来どのような仕事があるのだろうということかもしれません。一言で映画と言っても、様々な職業があります。
最初に思い当たるのは監督という仕事ですが、そのほかにも技術の仕事や製作の仕事などもあるのです。専門学校のなかには、その学校の卒業生や在校生ならば求人検索が利用出来るというようなシステムを持っているというところもあります。そのため、専門学校で基礎から学び求人検索などを利用するという方法が、製作や技術などを目指している人には良いかもしれません。また、縦のつながりがあるというのも専門学校ならではのことかもしれません。
卒業生が人事の仕事に就いていて、卒業校に求人の募集を出すこともありますので、そのような求人に応募することが出来る機会も出てきます。在校生だけでなく、卒業生も利用できる求人検索が専門学校で用意されている場合には、転職を考えている際にも役に立ってくれることになります。

映画の専門学校に入学する人は社会人も多くいます。

Posted on | 2月 13, 2013 |

a1380_000884映画の専門学校では、社会人経験者に対しても門戸を広く開放しているところが数多くあり、最近では、社会人経験者の入学が増加傾向にあります。

映画の世界となると、制作をはじめ、美術やメイク、音響、コンピューターグラフィックまで、まさにクリエイティブな感性が要求される世界です。

そのため、映画の専門学校は、高校を卒業したばかりの頭の柔らかい若い世代が多く集まる傾向にありますが、専門学校としては、エンターテイメント関係の仕事がしたいという思いがあれば、その夢を叶えるために年齢制限はなく、実行に移すことに遅すぎるということはないと考えているところがほとんどです。実際に、映画の専門学校では、社会人を対象にした入学相談会を定期的に開催しているところがあります。

不景気の昨今ですから、いくら夢を追いかけるという目標があっても、離職して数年間勉強することに不安を覚える人は少なくありません。入学相談会では、特に卒業後の進路となる、就職やデビュー支援体制についての相談を中心に、不安や心配の解消に当たっているようです。

おすすめの映画専門学校
>映画 専門学校

映画の専門学校の就職率

Posted on | 2月 13, 2013 |

映画の専門学校が多くありますので、どこにすればいいのか迷ってしまう人も多いのではないでしょうか。そんな時に押さえておきたいことの一つに就職率があります。
a0790_000811

単に就職率が高いだけでは評価の対象になりません。
その理由は、どのような就職先なのかという問題があるからです。せっかく映画の専門学校へ行って勉強をするのですから、やはり専門知識を生かした就職先を選びたいものです。

つまり、就職率以上に就職先を見極める必要があるのではないでしょうか。そして、就職した先輩たちが映画の世界で活躍しているかどうかも注目です。活躍している先輩がいると言うことは心強いですし、就職先からも高い評価を受けることにも繋がります。最終的には就職をするときには自分の能力や自己アピール力が必要になります。

しかし、自分だけでは不十分な部分も多いと感じます。だから、就職率だけでなく、就職サポートの充実についてもしっかり確認しておきたいものだと感じます。

1 / 11